実写版映画、鋼の錬金術師を観て参りました。
事前の評判は確認せずに映画館に行きました。原作は結構好きな漫画で最後まで読みましたね。
やっぱり定番のマスタング大佐が好きで、ディーンフジオカなんて素敵じゃね!?
というノリで見に行きました。以下ネタバレ有りですのでまだ見ていない方は御留意ください。
終わった後の感想は、長い、眠い、つまらない。マスタング大佐しか戦ってなくね??
て感じですかね。
役者さんは凄く豪華なのにストーリー、演出がつまらなさすぎて、集まってくれた役者さん達に謝れ!!
と思ってしまいました。
後でレビューを色々読んでいると、本田翼ちゃんが結構叩かれていましたが、わたしは結構好きでした。
確かにウィンディぽくないと言われればそうなのかもしれませんが。演技もよかったと思いますよ。
それよりもホムンクルスの方々が酷い。
内山君はまだいい、、エンヴィ…、エンウィよ…。本郷かたな君、頑張ったな。原作に忠実な衣装&髪型何だけどリアルで
見たらなんかもう、作り物っぽい!
ほんで松雪泰子姐様。エロいよ〜良い演技なんだけどテンポの悪さ!確かにラストは原作でもめっちゃ強いんだけど、
早く刺せよ!もたもたするなーってなりました。
エドもびっくりするくらい戦わない。ドクターマルコーとか目の前で殺されただけだけど、もっと助ける姿勢があってもいいのでは。。
エドの戦わなさやば過ぎて、最後エンヴィとラスト倒したのマスタング先生ですからね!
そしてマスタング先生の攻撃…。火炎放射ですか???
その技一択で倒し切りましたけど。ww もっとバトル的展開を予想していたのでびっくりでした。
いやー、鋼錬ファンからムッチャ叩かれる理由は分かりました。
最近漫画原作の実写映画当たらないなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です